どんなサイトに使用すればいいの?

どんなサイトにSSLを使用すればよいのか。どんな予防ができるのか? - どのようなサイトにSSLが必要なのでしょうか

更新情報

アーカイブ

どのようなサイトにSSLが必要なのでしょうか

SSLを導入しているサイトは信頼性も厚く、安全性も高い事で知られています。
SSLを導入するサイトと言うのはどのようなサイトがあるのでしょうか。

SSLを導入した方が良いサイトとは

各種フォーム

主に様々な用途で使われるサイトのお問い合わせ、資料請求、アンケート、キャンペーン応募等のフォームが挙げられます。
これらのフォームには個人情報を入力する必要があるのでSSLを導入する事がおすすめです。

会員制サイトやオンラインショップ

各種SNSやクレジットカード決済等を行うオンラインショップ等が挙げられます。

ネット銀行やネット証券

大切な財産を守る為にも、フィッシング詐欺防止や口座開設時、取引画面等が挙げられます。

ホスティング運営

gfrhtrs-300x218
これはレンタルサーバー運営等の事を言います。
どのような用途にも対応出来るよう、SSLの導入がおすすめです。

自社内や学内限定サイト

様々な企業秘密や、スケジュール、各種データや手続きを行うのがこの施設です。
ハッキング等の被害から守る為にも導入する事が望ましいでしょう。

これからサイトを設置する方

既にコンテンツが準備してあり、サイトを開設するばかりの状態になっている場合であっても、SSLの導入は考えておいた方が良いでしょう。
どのようなコンテンツであっても、大切なデータを守る事が出来ます。
このように様々なシーンでSSLは導入を検討した方が良い事が多いのです。
導入する事によってサイトを運営する側も利用する側も信頼と安心を得ることが出来ます。
SSLサーバ証明書にはサイトシール、通称SSLシールと言うものがあります。
これはSSLサーバ証明書の概要を表示させることが出来る物です。
サイトシールの機能にはどのようなものがあるのでしょうか。

SSLサーバ証明書の概要を表示する事が出来るサイトシールとは

SSLサーバ証明書によって証明済みのドメイン名(URL)や有効期間等の表示機能を持ったシールで、簡潔にSSLサーバ証明書の内容を表示し、自分が運営するウェブサイトに設置する事が出来るシールの事です。
効果としてはウェブサイトの信頼性を高める為の1つのツールだと言えると思いますが、このサイトシールを設置する為には、証明書の発行元が提供している専用のJavaScriptやFlash等をウェブサイトに追加しておく必要が出てきます。
組織認証型の証明書では、このサイトシールと言うものが標準装備されている事が多く、ドメイン認証型の証明書では、サイトシール付だと若干料金が高めに設定されている事が多いと思います。
料金面で少しでも安く信頼の国産CAなら格安のアルファSSLサーバ証明書を利用したい場合には、このサイトシールの無いタイプから選択する事が望ましいと言えるでしょう。

このようにサイトシールはウェブサイトを閲覧する側のユーザーに対して安心感や信頼を提供するものであり、運営する側にとっては、一長一短なものがあると言えます。
ですがオンラインショップ等を運営している場合にはこのサイトシールの表示があった方が何かと有利に働くことが多いと考えられます。

Copyright(C)2015 どんなサイトに使用すればいいの? All Rights Reserved.