きちんと申告をしましょう

きちんと相続税の申告をしましょう。様々なリスクが伴います。 - 相続税は申告しないとどうなるか

相続税は申告しないとどうなるか

一般的に、相続税は高額な資産を相続した場合にのみ支払うというイメージが定着しています。確かにその通りですが、実際は課税対象になることも多く、申告を忘れてしまうこともあるのです。相続税を申告しないと、様々なリスクを生むことになります。

税務署はしっかり把握している

税務署にばれなきゃ大丈夫と思ってしまうかも知れません。しかし税務署は高所得者をしっかり把握しており、相続税の申告が無いとすぐにばれてしまうでしょう。このため、必ず申告しなければいけません。

罰金を支払うことになる可能性も

fgrst
もし相続税の申告を忘れると罰金が課せられる可能性もあります。基本的に申告していれば課せられませんので注意しましょう。

悪質な場合脱税と見なされることもある

もし再三の通知や催促にも関わらず、そのまま無視し続けるとどうなるでしょうか。財産が差し押さえられる可能性はもちろんのこと、悪質判断された場合は脱税と見なされることもあります。

通知がきたらまず対応を

相続税の申告を忘れていても、大抵の場合は税務署から何らかの通知が来るでしょう。もし通知を受け取った場合はすぐさま連絡し、申告することをおすすめします。

相続税の申告漏れに注意

hgdhytd
相続税はあまり馴染みが無いため、つい申告を忘れてしまいがちです。しかし申告を忘れたときのリスクも当然あるため、申告漏れには注意しなくてはいけません。相続することになったら資産総額を確認し、相続税の申告を済ませるようにしましょう。
人が亡くなったときに「財産を分け合って相続税を納めなければ」と思うのは誰しも同じでしょう。
もちろん財産の多寡によりますが相続財産を基礎に相続税が計算されます。
そのときに「相続」と「遺贈」という言葉が出てきます。
両者はどのように異なるのでしょうか。

相続は身内が基本!

まず「相続税」と名が付くほどですから相続について確認してきましょう。
相続とは身内の誰かが亡くなったときに、財産の一切を法定相続人が承継することです。
例えばお父さんが亡くなったときには奥さんであるお母さんと、お子さんが民法の規定に従って承継することになります。
相続は身内だけで発生すると考えて良いです。

遺贈は遺言次第

最近遺言という言葉が世間を賑わせています。
遺言があったから相続が楽になったとか、面倒になった等々様々です。
遺贈は遺言によって誰にあげると言うことが指定され、指定された人が受け取ることを指します。
遺言は被相続人である亡くなった人が自由に決められる事項ですから、身内でなくとも良いのです。
極端な話、見ず知らずの人へ遺贈することだって可能です。

状況別に考える

相続と遺贈は相続税の対象になります。
ただ遺贈の場合にはあまりに法定相続人が不利になるようなことばかり書いてあると、法定相続人は何も承継できなくなりますから場合によっては高度に専門的な法律判断が必要になることがあります。
そうしたときにはお近くの税理士や弁護士に相談し、判断を仰ぐと良いでしょう。